個人で大変な遺品整理|業者に依頼することで気持ちに整理ができます

3つの種類

シニア

墓地・霊園の種類とその違い

「終活」という言葉が最近よく使われています。充実した終活として、最後の住まいであるお墓に力を入れたいと考える方も多いようです。そこで、まずはそのお墓を建てる場所である墓地・霊園を選択することが必要です。墓地・霊園は、公営・民営・寺院境内の3つに分かれます。公営は、都道府県もしくは市町村といった自治体が経営する墓地・霊園です。また、経営は自治体ですが、管理や運営は公益法人が行っているところも一部には存在します。民営は、宗教法人や公益法人が経営し、管理や運営も行う墓地・霊園です。民営の場合、宗教法人が経営していても多くは宗教・宗派は不問となっています。最後に寺院境内は、昔ながらのお寺の境内にお墓を建てるものです。これは、基本的にそのお寺の檀家・信徒でなければお墓を建てることは不可能となっています。

それぞれのメリットと注意点

公営の墓地・霊園は、自治体が経営していることもあって管理体制が安定していて、永代使用料や管理費が比較的安価とされています。また、宗教・宗派が不問で、お墓に使う石材を自分で選んだ業者から購入することができます。ただし、募集そのものが非常に少なく、また生前に墓を建てる生前墓が認められていない等資格や条件が厳しいため注意が必要です。民営の墓地・霊園は、販売数が多く、しかも生前墓や宗教・宗派が不問と資格条件がゆるやかで、選びやすいところが特徴です。ただし、霊園開発に石材店が関わっているため、そうした石材店から石材を選ぶという条件があり、また永代使用料や管理費がやや高めとなっています。寺院境内の墓地・霊園は、檀家・信徒のためのお墓とあって、寺院との関係が密で代々手厚く祀ってもらえます。また、古くからあることもあって場所が比較的通いやすく、遺族の負担になりにくいとされています。ただし、古くからの付き合い等で石材店が決められていたり、永代使用料や管理費が高めであることが多いとされています。